profile

池口紗代について。

ex blog

旧ブログ
以前のブログはこちら。
(2008年6月〜2012年4月)

sawawa official site

sawawaサイト

このブログで紹介しきれていない作品も多数掲載しています。
ぜひお立ち寄りください。

workshop

sawawa講習会

sawawaの羊毛フェルト教室の情報はこちら。
東京・大阪・兵庫で開催中。

facebook page

selected entries

categories

recent comment

search this site.

mobile

qrcode

others

忘れられない2013年。

心が動くことって、ものを創造する為の大切な要素だと思ってます。
直接的には創作に全く関係のない出来事であっても、
いろいろ感動して、自分の中でそれがかたまりになっていって、
ものを生み出すときに、
そのかたまりを少しずつ削ってエネルギーに変え、
作品に命を吹き込んでいくようなイメージ。


2013年、今年は私にとって忘れられない年となりました。

約3年前、某サークルの、楽器ができる仲間たちと
いろんな曲を弾いて楽しみたいから、
そして、憧れのBEGINの島袋優さんがとってもステキに弾くから、
という理由で手に取った一五一会という4弦の楽器。

あれから3年、
仲間たちと一緒に弾くのが楽しくてそれだけで満足だったし、
元々は楽器は大の苦手分野だったので、
一人できちんと弾き語ることなんて一度もなかったあの私が。
一五一会世界大会というとびっきりのステージに立たせて頂きました。

自分の演奏はほかの出場者さんには全く及ばないことは本選に出る前から
もうホント自分でよく分かっていたし、
実際出てみてそれは間違いないことを確認したし、
とてもとてもいい経験、いい思い出になったのも事実だけど、
やっぱりやっちゃったかな〜(>_<)
やっぱり恥ずかしかったかな〜(>_<)
私ごときが応募するとか身の程知らずよね〜(>_<)
って思いも大会後にあって、
まぁ要するに、
楽器という苦手分野の大会に出るとかそして一人で大きなステージの真ん中に立って弾き語るとかいうことが自分のこれまでの人生になさ過ぎることであり、自分にはあまりにも大き過ぎる出来事だったということで、
ちょっと整理がついてない感じでした、つい最近まで。
本番のステージは今思い出しても震えるくらい本当に怖かったし。

でもやっぱり、
大好きなBEGINが作った大会の本選出場者に選んで頂いたこと。
超おそまつで超恥ずかしい演奏だったけど、
その大好きなBEGINに自分の演奏を聞いてもらえるなんて、
望んでも普通は叶わないことが叶ってしまったこと。
大会の最後にBEGINと同じステージで一緒に演奏できたことも、
これもまたどんなに夢見たってなかなか実現するもんじゃないのに
夢が現実になったこと。
それらはやっぱり、
本当にとびっきりのかけがえのない経験だったなぁと、
嬉しくて嬉しくて、一生ものの思い出になったなぁと、
怖くても挑戦して絶対によかったなぁと、
やっと思えるようになりました。

あ、演らせてもらった曲もね、
aikoさんの名曲「カブトムシ」だったのですが、
あの曲が世に出た高校生の頃から
ずっとずっと大好きで大切に聞いてきた曲で、
それを歌わせてもらったというのもこれまた嬉しかったんです。
ちなみになんだかややこしそうなコード満載の曲なので、
普通の楽器ならかなり弾きづらいんだと思いますが、
それを指一本で弾けちゃうのが一五一会の最大の魅力。
一番歌いたいと思った曲を選んだだけだったのですが、
一五一会的にも弾く意義のある選曲だったのかな。

これまで自分の周りにはいなかった一五一会なお仲間とも、
大会をきっかけにたくさん知り合うことができました。
そして誰にも相談せず内緒でこっそり応募したのにも関わらず(笑)、
本選出場を知って、自分のことのように今回のことを泣き笑って
応援してくれたたくさんのお友達のありがたさ。

いろんな感情と感動で胸がいっぱいになった2013年でした。
きっとこれがまた、
いい作品を作る為の大きな蓄えになってくれたことと思います。

仕事にプライベートに、
お世話になった皆様、応援して下さった皆様、
2013年もありがとうございました。

頂いたお気持ちやご恩は、
いい作品を作ることでお返し出来ればと思っています。
2014年もどうぞよろしくお願い致します。
良い年になりますように☆


0
           
    コメント
    コメントする