profile

池口紗代について。

ex blog

旧ブログ
以前のブログはこちら。
(2008年6月〜2012年4月)

sawawa official site

sawawaサイト

このブログで紹介しきれていない作品も多数掲載しています。
ぜひお立ち寄りください。

workshop

sawawa講習会

sawawaの羊毛フェルト教室の情報はこちら。
東京・大阪・兵庫で開催中。

facebook page

selected entries

categories

recent comment

search this site.

mobile

qrcode

others

12日間沖縄一人旅!〜4日目、波照間島・石垣島〜

6/25(月)、波照間最終日。

この日の最終便16:40の船で石垣へ戻るので、
それまでゆっくり。

前回波照間から石垣へ戻るとき、13:10の船にしたところ、
お昼ごはん(お店は12時くらいからオープンのところがほとんど)を
食べに行って、
港への送迎に間に合うように宿に戻って…というのが
少し忙しかったので、今回は最終便で。

宿代の精算を済ませておこうかと思いきや、
一便で帰るご夫婦と、一便で石垣から来るお客さんの送迎に行ったきり、
待てど暮らせど、宿のお父さんが帰ってこない…

どうもこの日の一便、通常なら約1時間で着くところ、
倍の2時間もかかって石垣から到着したのだそうな。
そう、それだけ海がシケていたのです。
お天気はとっても良かったんですけどね〜。風が。

気の毒なことに、この船で来た女性が一人、
腰をぬかして立てないほどに船酔いしてしまったらしく、
お父さん、車いすで宿に連れて来られてました…
聞くところによると、石垣を出港するとき、
船員さんがあらかじめお客さんに”袋”を配っていたとか…。
さすが波照間航路。

精算はとりあえずあとにして、自転車で島内散策へ出かけることに。


波照間の外周道路はあかばな(ハイビスカス)の道。
青空によく映えます。



波照間に着いた日の夕方に行ったサンゴの浜へもう一度。
海が”夕方色”になってて、エメラルドグリーンじゃなかったから。


サンゴの浜へ向かう道で。


浜に下りて行くところ。(結構手ブレしてます。)
この先、本当に下りられるのかちょっと不安になる道を進んで浜に出ます。
看板などは出てないので、知らなきゃ行けないかも。

では再度、”夕方色”の浜の写真を載せてみますので、
時間による海の色の違いを見比べてみましょうか〜♪

夕方の浜。

AM11時過ぎの同じ場所。
写真の加減ではなく、本当にこんなに違って見えます。
天気によって、時間によって、海は一日中その姿を変えているんですね〜。


しばらくこの浜でボ〜ッと海を見て座っていました。
動画の音声もゴーゴー言ってますが、結構風があったので、
木陰に入っているととっても涼しくて気持ちいいのです。
暑さなんて忘れて一日座っていられます。
この気持ちよさが内地には無いんですよね〜。
画像がちょっと暗いのが残念。


前日に泳いだニシ浜へももう一度。




白く光る砂浜、エメラルドグリーンに輝く海。最高。
この海を見ていると、ホント帰りたくなくなります。
いくら見ていても飽きないし、癒されます。
ちなみにこのニシ浜は先日、
口コミで選ぶ 行ってよかった日本のビーチ」の第1位に選ばれてましたね☆

石垣と福木の景色が沖縄らしくて好き。
福木は防風林として植えられています。

今回、山羊にはあまり会えなかったんですよね〜。
前に来たときはもっとたくさん、そこらじゅうで会えて、
山羊パラダイスだったのに。
暑くて隠れちゃってたのかな。

学校にも山羊。
そう言えば共同売店に、
「学校の山羊が増えたから誰か買ってください」って張り紙がしてあったような。

お昼ごはんは再び宿仲間2人と合流し、kukuru cafeへ。
ちなみに”くくる”は沖縄の言葉で心のことです。


猫がそこここでくつろぐ、風が通る気持ちのいいお店。


アジアンテイストでおしゃれな店内。


私は根菜ココナッツカレーを注文♪

とーっても優しくて美味しいお味でした。

ハイビスカスティーも。

美味しいもの食べてゆっくりくつろいだので、
一旦宿に戻ります。

お昼をご一緒した宿仲間2人はもう一泊するので、そのまま泳ぎに。
私も海に浸かりたかったけれど、夕方16:40の船で石垣へ帰るのでガマン。
そしたら宿のお父さんがアイスをごちそうしてくれました♪
ありがとうございました〜^^


港まで送ってもらう時間まであと15分。
あぁ、波照間楽しかったなぁ、やっぱり好き、この島。
もう少し泊まってもよかったなぁ、また来たいなぁ、なんて思いながら、
宿の周りを少し歩いて名残を惜しんでいると、
”よしこー!よしこー!!”と呼ぶ声。

私は”さよ”なので、”よしこ”さんではありません。

”よしこー!!パンパン!(手を叩く音)よしこー!!”

私は”さよ”ですが、周りにほかに誰もいないので、
やっぱり私を呼んでいるのだろうかと声のする方を振り返ってみると、
建物の2階のテラスから島のおじさんが呼んでいます、こっちに来い、と。

なんかよく分からないけれど、おもしろそうなので行ってみると、
ぶどぅまれーというお店。
島のおじさんたちがテラスに集まって飲んでいました。

そして仲間に入れられる(笑)

よしこさんではない旨を伝えると、
「よしこと呼んで振り返ったんだから、アンタはよしこさぁ。」と言われ(笑)

めーっちゃおもしろいおじさん達だったので、
勧められるがままに一緒にオリオンを飲みたい気持ちはいっぱいでしたが、
あと10分そこそこで宿に戻らなきゃならないし、
船に乗らなきゃならないし、泣く泣く断念。
この日も島に泊まる予定だったら、間違いなく飲んでた(笑)

次回波照間に行くときに、訪ねたい場所がまた増えました♪


宿のお父さんに送って頂いて港へ。
次はまたこの島での滞在日数が増えること間違いナシ。

船に乗ろうとしていると、泳ぎに行っていた宿仲間の2人が
わざわざ見送りに来てくれました!
これが嬉しいんですよね〜♪
こういうのも民宿旅のステキなところ。

楽しいいっぱいの思い出を胸に、石垣へ戻ります。
波照間航路、帰りは楽チン。
(でも念のための酔い止めは飲んでおいたけれど。)

翌日には飛行機でまた別の島へ渡るので、
旅1日目に泊まった石垣空港近くの素泊まりホテル、
離島ターミナルからバスに乗り、「サンエー前」で降りると目の前。

明日行く島は初上陸の島。
どんなところかな♪
旅の間中、次の日のことを考えて、
毎晩ドキドキワクワクしながら眠りにつくのでした☆


まーだまだ、旅は続きます。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ

人気ブログランキング
0
           
    コメント
    コメントする